100Vと200V

こんにちは、YSSです。

先日お伺いした女性のお客様と電気の話をしました。

電気って、難しいですよね。それに何だか怖い。下手にいじると爆発したり、

感電したり、煙出たりしますよね?

そうですよね、電気に詳しくない女性の方は多いです。

一般家庭に付いているコンセントは、100Vです。

一部専用コンセントで200Vがきている箇所もあるかもしれません。

(例えばエアコン、IHクッキングヒーターなど)

100V、200Vというのは電圧(ボルト)です。

200Vは100Vの2倍電流を流せます。

だから100V用の電化製品を200V用のコンセントに差したら2倍の

電流が流れるので、その電化製品は一瞬で壊れてしまいます。

間違わないように気を付けましょう。

電化製品を見ると、2Aとか、10Aとか書いてありますよね。

Aは電気の流れる量でアンペアという単位です。

例えば、100V・2Aの電化製品を使用した場合の消費電力は

100V×2A=200Wということになります。

電力会社から毎月請求される電気代は、この消費電力量(W:ワット)で

決まります。だから、省エネタイプの電化製品を選ぶと電気代の節約になるんですね。

エアコンなどは大きいタイプのものは200V用になりますが、

1000W(1kw)で考えてみると、100V用のエアコンは10A必要になります。

200V用のエアコンは5A必要になります。

なので同じ消費電力のエアコンでも、200V用の方が少ない電流で済みます。

家庭に4台これと同じエアコンがついてると想定すると、100V用エアコンの場合は契約A(アンペア)を

最低40A以上、200V用エアコンの場合は最低20A以上にしないと

ブレーカーが落ちることになります。(電化製品はエアコンだけではないので)

契約アンペアは基本料金が変わってくるので、大きくなればなるほど電気は高くなります。

最近は、省エネタイプの電化製品が多くなっています。

まずはACよりDCタイプを選ぶということを覚えておきましょう。

AC(交流)、DC(直流)という意味ですが、このお話はまたの機会にしたいと思います。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年6月5日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : mine